人生は未解決事件

「強い奴が偉いんか。金持ってる奴が偉いんんか。俺がゴミならお前もゴミやぞ。同じ人間ちゃうんか。人類皆ゴミちゃうんか。生きる価値なんかみんな無いぞ。俺らはただ、楽しく生きたかっただけじゃ」

これは「僕たちがやりました」に出てくる台詞。隣接する高校の校舎に悪戯半分で小型爆弾を仕掛けた主人公達が殺人容疑で警察から追われ、逃亡生活を送る話なんだけども、話の起伏が多くて主人公を取り巻く環境が一転も二転もして飽きない。とても面白い作品だよ。この話前もしたけど。

 

最近未解決事件や猟奇事件のwikiを見るのが楽しみになってるけど相当まずい状況にあるのは重々承知している。毎日の繰り返しに飽きるとこういう非日常を欲する。アニメとかもその一部。片手間にそういった非現実を味わえるなんて便利な世の中になったね。人間死ねば全て終わりなんだから飛び込み自殺する奴は冷静になれよ。人に迷惑をかけるな。

「斜に構えたオタク」というパワーワード。最早救いようがない。「斜に構えた逆張りオタク」更に救いようがない。マイノリティの極み。自分で自分に枷を加えて動きを鈍くしてる。ここで言ってるオタクはオタサーに入っても馴染めないタイプのオタクね。逆張りのフレンズ。正直自分の趣味嗜好にまで嘘をつき始めたら本当に自我が崩壊しそう。ただでさえ社会に対して虚言で塗り固めて防御してるのに。

未解決事件(殺人)で1番怖いと思う点って人殺してるのに誰にもそれを言わずに今をのうのうと生きてるところだわな。良い意味で強靭な精神の持ち主。悪い意味でサイコパス。恐ろしいね。ひかりごけ事件の加害者は人肉食らって己の罪悪感が増幅して自ら死刑を志願したのに対し、岡山地底湖事件の加害者(真相は知らん)達は被害者1人を地底湖に置き去りにしたまま帰ってきて事故死だと訴えてる訳であって、本当に怖いね。

 

 

 

俺はマスかいて寝るわ。